ぴよぴよひなまつり

ブログとツイッターの温度差でキャラ崩壊

シーズン3スペレ使用構築

ジャパンカップ開催期間後に公開するあたり悪意を感じてください()

これは2〜3月中に使ったものでジャパンカップ使用構築のβ版程度に思ってください。


最高レートはシーズン3で1842とそこそこな結果に終わりました。

瞬間でPGL35位くらいだったから嬉しかったといえば嬉しかったです。


ではメンツと個別解説を。


f:id:hinakohinako:20140506025435j:plainf:id:hinakohinako:20140506025446j:plain

f:id:hinakohinako:20140506025456j:plainf:id:hinakohinako:20140506025510j:plain

f:id:hinakohinako:20140506025518j:plainf:id:hinakohinako:20140506025527j:plain


モロバレル以外はグロリア優勝のseeみるおさんの構築と同じメンツですが、これは2月頃から使ってたため完全に偶然で、あちらはスイッチトリルでこちらはギミックなしのスタンなので大きく違うものです。

グロリア優勝構築をツイッターで見たときは流石にビックリしましたねw

でも逆にこの構築の並びに大きな誤りはなかったという自信にも繋がりました。


ガルーラ@ガルーラナイト

【性格】陽気

特性】肝っ玉→親子愛

【実数値】181-147-100-x-100-156

【メガ時実数値】181-177-120-x-120-167

努力値】4-252-0-0-0-252

【技構成】捨て身タックル/アームハンマー/噛み砕く/猫騙


カロスダブルの闇その1


かなり湧いた技構成です。カロスダブルの闇です間違いない。

アームハンマーメガルカリオ(バレルの粉で波動弾を受け流す)や流行りのメガバンギを高速処理するために採用しました。スイッチトリルはしません。

しかし環境末期になると所謂Sejun構築に入るキザンに打ちにくいアムハンは環境にピッタリだとはあまり思えませんでした。

捨て身タックルはロトムなどに多い猫騙し+恩返し耐え調整を崩壊させるのと、H極振りメガリザYも倒すために入れました。

正味かなり強かったです、でもオーバーキルすぎて反動が痛い場面も多くてガルーラを使い捨てな立ち回りにならざるを得ないのは好みの問題だと思いました。


本題の噛み砕くですが、当初レート1750くらいまでは一般的な不意打ちで乗り切ってたんですが小さくなるシャンデラに3連敗し、鬼火ゲンガーなどにも苦戦したため環境メタとして採用しました。

実際にはギルガルドを横のマンダの炎技と合わせて身代わり読みで粉砕していくことが多かったので非常に役に立ちました。

しかし環境末期に出てきた襷プテラに怯まされて不意打ちがほしいって場面も多く、これは環境次第としか言えませんね。


サーナイト@スカーフ

【性格】控えめ

特性】トレース

【実数値】143-x-86-194-135-132

努力値】0-0-4-252-0-252

【技構成】ムーンフォース/サイコキネシス/マジカルシャイン/シャドーボール


普通のスカーフサーナイトです。

主にガルーラを上から叩いてくるガブリアスを殴るための枠です。

トレースで親子愛を盗んで親子愛ムーンフォースで唐突の無双を始めることもありましたw


前述の通り、有名な構築と1匹しか変わらず、ガルーラもアムハン持ちなためスイッチトリル警戒をする人も多かったですね。


当初はこの調整で全く問題ありませんでしたが、準速なため前述で何度も話題にしてるSejun構築のプテラに怯まされるので最速かメガライボルト抜きの臆病にした方が今はいいと思います。


ボーマンダ@命の珠

【性格】臆病

特性】威嚇

【実数値】171-139-100-162-100-169

努力値】4-0-0-252-0-252

【技構成】流星群/大文字/岩雪崩/守る


カロスダブルにおけるボーマンダ - ひなこの黙示録で紹介したようにボーマンダは殆どがスカーフなため、あえてボーマンダを珠にしてサーナイトをスカーフにする地雷をしようというところからこの構築は始まりました。

珠にしたメリットは先ほどの記事に書いた通りでアローリザYクチートを瞬殺できるのが何とも便利でした。


しかし全ての技が命中不安という最大の欠陥のせいでラス1対面でクソ外しを続けることもあり、やはり竜の波動や火炎放射は偉大だなと思いました。


ガルーラのサポートとしての威嚇要因としては非常に使いやすかったのですが、環境末期に登場したSejun構築のキザンを強化してしまったり、韓国雨を始めとする雨構築の冷凍ビームや不意のめざめるパワーがどうしようもないこともあり向かい風な環境だと個人的には結論づけました。

この結論が後のジャパンカップ構築に大きく影響を与えます。


■火ロトム@オボンの実

【性格】臆病

特性】浮遊

【実数値】157-63-127-135-127-141

努力値】252-0-0-76-0-180

【技構成】10万ボルト/オーバーヒート/鬼火/守る


カロスダブルの闇その2


ガルーラを使う上でガルーラミラーが気になり、所謂ガルドーのドーブルに催眠ゲーにハメられてしまいかねないので最速ドーブル抜き抜きの調整にしました。

耐久振り控えめメガリザYがS実数値140なことが多いので抜き抜き調整に間違いはなかったと思います。

無振りでもメガクチートならオーバーヒートで焼き殺せるので火力不足は感じませんでした。

基本はガルーラの障壁となるクチートギルガルドモロバレルを焼き殺したり、鬼火まいて邪魔するのが仕事です。

ボーマンダと並べるとガブの雪崩を思いっきり誘って自ら怯み負け筋を作っていくのは問題点だと思いました。

あと耐久が足りないと思う場面も多かったです、ドーブル意識をロトムに任せるという地雷のリスクですねw


モロバレル@ゴツゴツメット

【性格】のんき

特性】再生力

【実数値】221-90-134-105-101-31

努力値】252-0-252-0-4-0

【技構成】ギガドレイン/怒りの粉/キノコのほうし/守る


普通の物理受けゴツメバレルです。

韓国雨で有名なkeewanさんに使われて相当苦戦したので自分も取り入れてみようと思って採用しました。

ガルーラやキザンへの格闘技、ヒートロトムへのハイドロポンプ等ひたすら肉壁になってくれてめちゃくちゃ心強かったです。

多くのパーティでバレルをワンキルする回答として使われるアローに対してヒートロトムが強かったりとこの2匹の補完は素晴らしいものだと思いましたね。


ただこの構築のメンツ上、雨に遭遇したときバレルを選出せざるを得ないのでDにもちゃんと振った個体の方がいいと思いました。

しかしB削るとアローに必ず殺されるようになり一長一短と言えば一長一短ですね。


キリキザン@気合の襷

【性格】意地っ張り

特性】負けん気

【実数値】141-194-120-x-90-122

努力値】4-252-0-0-0-252

【技構成】不意打ち/アイアンヘッド/辻斬り/守る


珠をボーマンダに渡していたため、襷キザンにしました。

ボーマンダライボルトが守ったり引っ込めたりするかの択ゲーを解消して安定択を取れ、最速バンギラスの大文字に焼き殺される事故もなくなったりと非常に便利だと思いました。

でもスカーフマンダを一発で倒せる珠不意打ちの火力を全国ダブルで覚えてしまっただけに火力不足感は否めませんでした。

基本は先発で襷を盾に威嚇頂戴しにいきますw


珠キザンをエースポケモンとすれば襷キザンはサポート向きな使い方をするものだと個人的に解釈しています。



【備考】


基本選出はガルーラ+マンダorキザンで後ろにヒトムバレルサナでした。

リザバナにはサナマンダを出しましょう、サナより速いと踏んでフシギバナがヘドロ爆弾かめざ氷をしたがってるところをサイキネ+雪崩で粉砕しましょう。(実際にこの地雷は4,5回は成功しています)

相手の襷ガブリアスが相当キツイので上手いことバレルやサーナイトを駆使して倒さないといけないです。

レートでは雨とあまりマッチしなかったのでさほど問題にはなりませんでしたが、ボーマンダヒトムの2匹がほぼ選出できなくなる上にサーナイトがすいすいをトレース出来ないとかなり厳しい戦いを強いられるため、対雨への回答を増やすことが改善点だとは思いました。


この問題点への回答と、新たにテンプレとして環境に登場したSejun構築へのメタを用意したのが次のジャパンカップ使用構築です。

あくまでシーズン3序盤〜中盤で勝てた構築なので今のプテラなどが多い環境では通用しないと思います。(現に4月のファミ通カップ前の調整でこの構築で潜ったらレート100落とすハメになりましたw)

ここまで見てくだってありがとうございました!近いうちにジャパンカップ使用構築の記事も書きます。