ぴよぴよひなまつり

ブログとツイッターの温度差でキャラ崩壊

シーズン2全国ダブル使用構築 【ガルキザンアローグッドスタッフ】

今更かよ!?と思いますが一応載せておきます。

久々に書くので意味分からない文章になってるかもしれません…w
f:id:hinakohinako:20140330172644j:plainf:id:hinakohinako:20140330172633j:plain
f:id:hinakohinako:20140330172657j:plainf:id:hinakohinako:20140330192142j:plain
f:id:hinakohinako:20140330172720j:plainf:id:hinakohinako:20140330172736j:plain

一応この6匹でシーズン2最終レート1922まではいきました。

f:id:hinakohinako:20140330190128j:plain

最高で1956くらいまでは行けましたがカロスダブルやってて2000台を目指すほど熱中できてなかったのが悔やみ。

シーズン3では一度1912まで行けたものの、そこから負けが重なって1850あたりから抜け出せなくなったので公開しようと思いました。

【性格】陽気
【実数値】181-147-100-x-100-156
【メガ時実数値】181-177-120-x-120-167
【技構成】恩返し/冷凍パンチ/けたぐり/猫騙

言わずもがなの最強のメガシンカ
ダブルだとおぞましい火力の猫騙しが飛んでくるので相手するときは両守るしたくなるのも必然ですねってくらい。
技はダブル必須級の猫騙し、場持ちさせたいので捨て身タックルより恩返しを優先。
残り2つは一般的なグロパン不意打ちではなく、せっかく教え技解禁環境なので構築単位で重い相手を倒せる技にしました。
けたぐりはガルーラミラーよりヒードランサザンドラバンギラスドサイドン、冷凍パンチはガブリアスランドロスを倒せる技として入れました。

この構築はガブリアスが死ぬほど重たく、ガルーラと後述のライコウをいかに大切にして立ち回るかが要求されるのでガルーラ運用は非常にシビアです。
全国ダブルはガブリアスより霊獣ランドロスが多いだろうと甘えてましたが、やはりガブリアスは強かった。

ライコウ@拘り眼鏡
【性格】臆病
【実数値】191-x-95-142-120-183
【技構成】10万ボルト/めざめるパワー氷/バークアウト/ボルトチェンジ

ムーバー解禁直後、全国ダブル構築を組む際に真っ先に注目したポケモンです。
個人的に今作の電気タイプでメガライボルト並みの強さは持っていると思います。
このポケモンを軸に今回の構築は煮詰めて行きました。

理由として

  1. 5世代の電気タイプの天敵だったボルトロスの電磁波を無効になった
  2. 雨の弱体化で増加したスカーフ霊獣ランドロスや5世代から依然と強力なスカーフバンギラスの判定が可能
  3. ジュエルの消滅により拘り系を採用する場面が増え、一貫性の高い電気タイプは重宝する
  4. ダブルで非常に強力な岩雪崩を使うガブリアステラキオンに怯まされる心配がない
  5. 何より色ライコウにスピードボールが似合って超カッコいい


と考えたからです。
想定してた通り、実戦でも化身ボルトがガルーラに電磁波打つ場面で無償で繰り出せ、上から眼鏡10万ボルトの高火力を叩き込めたり非常に優秀でした。
三犬は3匹とも能力種族値も見た目種族値も高いし大好きです。

配分はH16n-1、最速、残りC。
陽気メガガルーラの親子愛恩返し(160〜190ダメージ)を確定耐え調整です。
後述のランドロスと並べることで威嚇込みで本来耐えられないガブリアスランドロスの75%地震をしっかり耐えてくれます。
受け出しもそこそこするので耐久寄りの配分で良かったと思っています。
ただ火力不足が否めないのでH175まで落として残り火力にした方がいいかもしれません。

技は至って普通の眼鏡ライコウ
最初はシャドーボールにしていましたが、一度だけギルガルドの身代わりを貫通するバークアウトの方が役に立っただけで別に何でもいいです、どうせ使いません()
メガフシギバナモロバレルを削れる神通力もありかもしれませんね。

トゲキッスやミトムを10万ボルトでゴリッと削れるのは流石準伝ですね。
あと化身ボルトがライコウに対して初手挑発するのをよく見かけました、シングルでお馴染みの瞑想型や壁貼り型の方がメジャーなんでしょうか?

ラティアス@ラムの実
【性格】臆病
【実数値】175-x-110-143-150-178
努力値】156-0-0-100-0-252
【技構成】流星群/サイコキネシス/凍える風/神秘の守り

この構築唯一の受け目的のポケモンです。
当初はクレセリアにしていたのですが、想像以上にガブやテラキオンゴウカザルがつらくて上から打点を取れるラティアスへと変更しました。
ガルーラゴウカザルテラキオンインファイトされるときの受け出し回数を確保するため、ラティオスよりラティアスをチョイスしました。

配分はH16n-1、最速、残りCですが残りCの部分をBに回してもいいと思いました。
火力が全く足りないので今回は気持ちC振りといった感じです。

技構成はとりあえずボルトロスの電磁波威張るやドーブルモロバレルの催眠クソゲー回避のために神秘を搭載しました。
残りは元ドラゴン最速の流星群、ゴウカザルや三闘、モロバレルへの打点となるサイコキネシスガルーラミラーや威嚇撒きにくるスカーフ霊獣ランドロスを止めるための凍える風です。
4世代のように100族が激戦区となった今作はガルーラ猫騙ししてる間に凍える風を当てて同速ゲーを解消できたり非常に面白い技でした。

ガルーラクチートキリキザンなど強力な不意打ち持ちが増え、流星群弱体化など向かい風が強いラティですがポテンシャル自体はあるのでまだまだ十分一線級だなと確信しました。
特に後述のファスガ持ちに弱いファイアローにとって辛いゴウカザルテラキオンコジョンドを上から処理できるのはクレセリアにはできない芸当ですね。

キリキザン@命の珠
【性格】意地っ張り
【実数値】141-194-120-x-90-122
努力値】4-252-0-0-0-252
【技構成】不意打ち/アイアンヘッド/はたき落とす/守る

キリキザンは恐らく今作で鋼タイプの耐性変更の恩恵を一番受けているポケモンです。
はっきり言って恐ろしいくらい強いです、霊獣ランドロスがただのデカ枕ホモにしか見えません。

火力ラインとして

H252振りB無振りのメタグロス、盾ギルガルドを珠はたき落とすで確定一発

1段階↑珠不意打ちでH4振りボーマンダメガライボルトが確定一発、H4振り霊獣ランドロスが68.8%の乱数一発

1段階↑珠不意打ちでH236振り(H実数値175)メガライボルトが87.5%の乱数一発

1段階↑珠アイアンヘッドでH252振り(H実数値157)メガクチート118〜140 (75.1%〜89.1%)

これは計算したとき驚きましたね、カロスダブルであれだけ苦労するギルガルドを確定とれるとかマジ神ポケですね。

あとガルーラの苦手なメガクチートを負けん気込みで75%以上削れるのも恐ろしい火力です。
ガルーラを受けやすくしようと出て来やすい威嚇持ちを大きく牽制できるのも非常に強力です。

持ち物は襷も考えられますが、悪技を切ったガルーラを採用する以上ギルガルドメタグロスが重くなることは必然なので今回は珠での採用をしました。

前作での天敵だったローブシンは相変わらずどうしようもないですが、後述のファイアローと組み合わせることで全く問題ないです*(^o^)/*

■霊獣ランドロス@ヤチェの実
【性格】陽気
【実数値】175-187-110-x-100-157
努力値】84-172-0-0-0-252
【技構成】地震/岩雪崩/馬鹿力/守る

ダブルお馴染みの最強ポケモンですね。
威嚇持ちの中でも群を抜いたスペックを誇り、WCS2013でも非常に多く見かけました。

陽気最速にすることで準速ガルーラの上から馬鹿力打つぜ!とか思ってましたが、実際は最速ガルーラだらけでした。
しかし全く無駄ということはなく、穏やかボルトのめざ氷をヤチェで耐えて上から岩雪崩を2回入れられたり案外重宝しました。
相手の意地っ張り襷ランドロスやミトムも怯むしおいしいことだらけ( ◠‿◠ )

配分はH16n-1、最速、残りAです。
深い意味はない16n-1調整ですが、ここまで振ると前述した負けん気珠キリキザンの不意打ちを37.5%の乱数まで抑えることができます。
致命傷を負うには変わりありませんが、無振りよりかは30%生存率高めなので意外と役に立ちました。
当初は不意打ち確定耐えのためにH191まで振ってほぼHSで使ってたのですが、追い風アローに岩雪崩素耐えされて負けたことがあり火力に割き直しました。

技は5世代の襷ランドのテンプレから蜻蛉を抜いて馬鹿力にしました。
前述の通りガルーラへの打点になる上に横が浮いてないときでもドランを殴れたりとかなり便利な技でした。
多分地震より馬鹿力打ってますねw

襷にしなかった理由はガルーラが格闘に負けるため頻繁に受け出しをするからです。
スカーフランドが多すぎて守る警戒されず集中されやすいためヤチェは高評価でした。

ファイアロー@鋭い嘴
【性格】意地っ張り
【実数値】153-146-92-x-89-178
努力値】0-252-4-0-0-252
【技構成】ブレイブバード/フレアドライブ/ファストガード/守る

クソ焼き鳥です。最強です。
XYでウルガモスとかユキノオーとかローブシンが死にかけてるのは114514%こいつのせいです。
青空プレートは甘え、自覚を持たせるにはちゃんと鋭い嘴を入手しましょう(迫真)

ガルーラキリキザンと並べたとき、格闘で白目になるのでアローを入れない理由はありませんでした。
あと気休め程度にフェアリー技の一貫を消してます。

ファスガはガルーラキザンアローのミラーとかレパルダスが厳しいので採用しました。
地味にラティアスへの不意打ちを守ってくれたりもします。

今回持ち物はキリキザンに珠を奪われてるため消去法で鋭い嘴を採用しましたが、HP4残って武神始末する仕事をする場面もあったりと珠反動なしの恩恵がかなり強かったので案外いい選択だったのではと思います。
メガリザYとかサーナイトなど珠ブレバで死ぬポケモンは最近HPガッツリ振ってますしぶっちゃけ鋭い嘴で良くねってなってます。

【注意点】 
上にごちゃごちゃ書きましたが、この構築で重たいのは

  1. ガブリアス
  2. ドサイドン
  3. ミトム
あたりでしょうか。
ガブリアスは一応ガルーラに気休めの冷凍パンチがあるものの、上からドラゴンクローを受けて、更に鮫肌ダメも入るのでガルーラ捨て覚悟じゃないととても倒せません。
ブレイブバード+不意打ちなど誤魔化しで突破することが多いのでここは課題だと思いました。
ドサイドンにいたっては弱点保険もあるので下手にけたぐりすると返しの地震で壊滅寸前になったりとかなり厳しいです。
ミトムはよくアローのブレバに受け出しされますが、鋭い嘴ブレバ+珠はたき落とすで殆どのミトムが落ちるので大きく問題にはならないと思います。

あと見たら分かるとは思いますが、クレセリアサマヨールからのトリル軸には普通にやると勝てません。
参考までにキリキザンの珠はたき落とすでブルンゲルムシャーナ等は落とせますがクレセリアサマヨールはギリギリ確定耐えされるのでガルーラ猫騙し(サマヨールには肝っ玉猫騙し)+キリキザンのはたき落とすで集中して確実に処理しましょう。
その際横に鬼火とかをもらっても仕方ありません、トリルを許すのが何よりも負けに繋がります。

【備考】
この構築がレートを大きく伸ばせたのは間違いなく命中不安技を殆ど採用してないことだと思います。
構築の中で命中100未満の技は4つだけでそのうちライコウのバークアウト、ラティアスの流星群は殆ど使いませんし、外して負けということはほぼありませんでした。
自分の構築スタンスとしてボーマンダやミトムのような常に命中不安がつきまとうポケモンは極力避けるようにしています。
それでもカロスダブルでは使わざるを得ないことも多いので勝率が安定しないんですがw

基本選出とかは特にありません、それぞれが単体でスペックの高いポケモンだらけなので。
しいて言えばラティアスは先発で神秘貼りたいときによく選出するくらいでしょうか。
ギルガルドがどうしても重ければ後発キリキザンとかもしますし、かなり柔軟な構築だと思ってます。

やたら長くはなりましたが、初めての構築記事をここまでご覧頂きありがとうございました!

追記:フォントが大小バラバラになってて読みづらかったのを修正しました。