ぴよぴよひなまつり

ブログとツイッターの温度差でキャラ崩壊

【Shadowverse】TOG期 RAGEとランクマの話

今年はポケモンジャパンカップ完全にノータッチでシャドバばかりしてました…サンムーン年明けからレート1戦もしてない…なんかすいません…

 

1年ぶりの更新ネタはShadowverseです。ハースストーンに乗り遅れたせいで去年のリリース当初から始めてみたんですが、意外と面白くてハマってしまいました。この1年間対人ゲームはシャドバばかりしてたような。

f:id:hinakohinako:20170531120330j:image

TOG期の愛着のおかげでルナちゃんの可愛さに目覚めました。本当はイザベルみたいなお姉さんキャラの方が好きなオタクなのですが、小倉唯のアドがデカすぎた。

 

完全に余談なんですが、自分の一番好きなCV小倉唯のキャラは「神様のメモ帳」のアリスです。

f:id:hinakohinako:20170531120935j:image

私の一番好きなラノベなのでハードボイルド好きな人はオススメです。イラスト岸田メルなのに薬物とかマフィアとかホイホイ出てきます。ちなみにアニメ化も6年前にされてはいるんですが、小倉唯が声優デビューしたての新人でクッソ棒読みで萎えると思います。原作推奨。電撃文庫から出ていて完結済です。

 

シャドバの話します。

➀RAGEまでのお話

立ち回りを教えてくれるほどうまいプレイヤーが周りにいなかったため、ひたすらランカーの生放送で184コメで色々質問させてもらいました…SOSさん、レナスさん、トログ最強さん、ぴくるんさん本当にありがとうございました(届かぬ声)

RAGEで使ったレシピはこちら。ナーフ前のものなので今の環境とは全く違うものであることはご了承ください(特にドラゴン)別に結果残してるわけじゃないんですが、自分としては初めてシャドバ真面目にやった成果なのでブログにでも供養しておきます。

f:id:hinakohinako:20170531125525j:plain

f:id:hinakohinako:20170531125531j:plain

 A.ネクロ

ネクロに関しては本当にRAGE直前まで調整しつくした成果なのでこれで間違いはなかったと思います。レシピの基盤はファイナリストになられたSOSさんの生放送を見て参考にさせてもらい、自分の使いやすいように2枚ほど差し替えただけのものです。

ヘクターネクロは貴公子などで横並びをしたうえでヘクターをフィニッシャーとして使うため、盤面が空でないと利点を生かせないハウルとはミスマッチであるという意見がRAGE前のツイッターで多く見受けられました。しかしドラゴンのバハムートやライブラ、ビショップのテミスで一掃されたとき最後の一押しとして役に立つと考え、私は2枚投入しました。STD期から6tに11点出るケルハウルコンボが強かったのに強力な勝ち筋を入れない理由がない。実際ファイナリストでもほとんどの選手がネクロにハウルを入れていました。復讐状態のヴァンプを簡単に倒せたりと副産物もあったりします。

このレシピの強み(というかナーフ前のネクロの強み)は➀ヘクターからのバースト②貴公子リーパーでリーパーを超巨大化させて勝ち③序盤から顔詰めてケルハウルで6tフィニッシュといった3つの強力な勝ち筋が用意されているところだと思います。しかしこの3つのどれを取ればいいのかをきっちり見極められるかどうかで勝率に大きな隔たりが生まれるように感じました。

  f:id:hinakohinako:20170531151635p:image

このレシピはランクマで調整しました。参考までに4月の順位。5月のランキング報酬に向けてのウォーミングアップって感じ。

 

B.ドラゴン

ドラゴン自体シャドバを1年やってて一番使ってこなかったリーダーだったため凄く練習に苦労しました。託宣引けない、ハンド4枚14000エーテル…となかなか思うようにはいかず、本当は使い慣れたロイヤルやウィッチを使いたかったです。しかしtier1のデッキパワーに屈してしまった。4月下旬はトログ最強さんの生放送見て立ち回りを学びながらひたすらランクマでドラゴンの練習をしていました。

レシピは友人から貰ったものを軸に調整したもので直前のJCG優勝者とレシピ3枚違いであったため悪くなかったと思います。それを含めてもサラブレ2は失敗でした、ネフティスネクロの増加も直前のランクマで察知していたためグリームニルを1にしてライブラ3サラブレ3にするのが正解だったように思います。

特筆するほど変わったレシピでもないのですが、数点ほど。サハ軸であるためジェネシスドラゴンよりゼウスを優先しました。フォルテを投入することでビショップにより勝ちやすくするのも考えていましたが枠が足りず断念。オリヴィエはゼル軸にしているため、中盤のボード取りにも進化を積極的に使いに行けるようピン刺し。ドラミラーで効果を発揮します。

後日談なのですが、東予選のファイナリストのマトモさんのレシピでゼル確定サーチのミニゴブが採用されているのを見て感動しました。強い人はこういう発想ができるんだなぁ、と改めて自分の発想力、構築力の不足を感じました。

 

一応このレシピの戦績です。RAGEのBO3練習としてレートさせてもらったのですが、tier1を使っただけあってパワー自体はすごくあったように思います。

RAGE?ブン回りウロボゼル2連打とテミス2連力比べイージスで1落ちだよ。アハハッ!e-sports

…次の大型大会こそは健闘したいですね。一緒に頑張る人募集してます、割と真面目に。声かけてくださいね。。。チームに入ってる人はこういうとき有意義に練習できるのかなぁと思ったりもしました。

 

②RAGE後のお話

せっかくRAGE目指して頑張ったのに結果が出せず、悔しさをバネにランクマで1000位目指して頑張りました。ドラゴンは即捨てた。イキ杉田とは体だけの関係だったんでね。

 

(1)5月23日までの貴公子ナーフ前

f:id:hinakohinako:20170531140017j:plain

あぐにさんのアグロネクロのレシピをパクりました。流石15万MPの実力者って感じの超強いレシピでした、えげつない速度でMP盛れました。RAGEに持って行った自分のレシピも強かったんですが、やはりランクマは回転効率の良さが欲しくミッドレンジよりアグロに。

 

(2)貴公子ナーフ後

A.ヴァンパイア

f:id:hinakohinako:20170531140704j:plain

復讐ヴァンプがナーフ後強くなると予想していたので(イキリオタク)ヴァンプランカーの美颯さんのレシピをベースにあぐにさんのディーラーピン刺し案を混ぜて使ってみました。復讐の悪魔:御言葉=2:3でもいい気はします。好みの問題。私はビショドラウィッチにもさっさと復讐に入りたいのでディーラーピン刺し、3t悪魔4tベルフェディーラーの上振れムーブに期待して悪魔3。

ちなみに復讐ヴァンプが強くなると予想した理由は貴公子が4コスになるとアグネクがビショに取られやすくなり激減し、ファントムハウルの数も減りヘクターミッドレンジとネフティスばかりになると考えたからです。この通りすぎてちょっと自信付きました。

 

B.ネクロ

f:id:hinakohinako:20170531141854j:plain

レナスさんがツイッターに上げていたものを5月ランクマの最後の追い込みに使わせてもらいました、正直マジでめちゃくちゃ強い。ナーフ後のネクロレシピは3コスト枠に殆どの人が思考停止グリームニルを入れていた印象が強いのですが、ミニゴブは目から鱗でした。

自分が使用した限りでのミニゴブのメリットを列挙すると

1.3tに出せば4tの最低限の行動を保証(ミッドネクロの抱えがちなハンド事故への抑止)、特に後攻時リリコンを揃えてネクロミラーやロイヤル相手にボードを取り返しやすくなる

2.5tに出してリリエルコンジュラーを引けば4/4を上からとった5/1ケルを簡単に取れる

3.終盤に出して破魂を引けばアルベールやフロントガードジェネラル、イスラーフィールなど高スタッツを簡単に倒せる

4.貴公子ナーフにより気軽にソウルコンバージョンを打ちにくくなった上でのテンポロスをしない新たなドロソ

5.ハンドに低コストを引き込みデッキ圧縮を行うことでトップからケルヘクター貴公子などパワーカードを引きやすくする

など入れ得な要素しかなかったです、本当に発想力が天才的だと思いました。トッププレイヤーはやっぱ見据えているものが違いますね…

 

f:id:hinakohinako:20170601175024j:image

 5月のランクマの最終順位です。並べてみるとランキング報酬がある月と無い月でかなり人口の隔たりがあるのがよく分かりますね…

ナーフ前はRAGEに持って行った自分のレシピの調整、ナーフ後は超越とかOTKエルフとか色々触りましたが紹介したヴァンプとミッドレンジヘクターネクロに落ち着きました。

正直ランクマ走るのかなり疲れたので6月はやるか怪しいです…今脳死アグロネクロがあまり使えませんしね…

 

 ③その他余談

本当どうでもいいんですが、自分はデッキレシピにピン刺ししたがるオタクです。例えばRAGEに持って行ったネクロのコンジュラー:不死者=1:1にしたりするのはハンドの中での選択肢を増やすためです。同じカードを複数枚入れるとハンドで同一カードが被ったとき行動の選択肢が1つ減りますからね。もちろんヘクターやケルベロスなどパワーカードは3投入なので一概にこれが正しいとは言い切れませんが…

RAGEのオリヴィエ、ナーフ後のソウルディーラーや不死の大王のピン刺しは有利により近づけるための潤滑油といったところでしょうか。昔デュエルマスターズやってた頃からハイランダーに少し寄せた構築がとても好きです。ハイランダー特有のトップで解決したときの快感は異常。

またナーフ前のゼル確定サーチのミニゴブ、ナーフ後のネクロにおけるミニゴブを採用したレシピが非常に強かったことから今後環境が進んだとしてもミニゴブを採用するという選択肢を必ず念頭に入れておきたいと思いました、それほどに汎用性が高いカードだと思います。強者のアイデアは盗め。

2016年のポケモンのWCSでコマールさん、今回のRAGE vol.4でHollyさんといった身近な人が結果を出しているんで自分も頑張りたいですね。新弾が出たらまた次の大型大会に向けて今回の失敗を活かして練習を積もう。そう思いました。

【VGC2016】ジャパンチャンピオンシップス2016 使用構築 Big5

f:id:hinakohinako:20160504130717p:plain

 

今年のサブはTNキリエライトで潜ってました。

Fate/Grand Orderのメインヒロインのマシュ・キリエライトちゃんです。

CV種田梨沙なので興味持った人はFGO一緒にやりましょう。

構築バレを防ぐためかフレンド皆TNサファイアかルビーで潜ってるのがすごく印象的でした…w

 

話が逸れました、使ったのは所謂BigB(ronzong)ってやつです。

前々から温めていたとかそういうのではなく、スカイプで一緒にやってた人から構築案をもらって最終日にぶっつけ本番しただけです。

ほぼ同じ構築で1790↑にいった知り合いもいたのですが、自身は最高1725で普通にボーダー届かなかったので完全に自分の弱さでした。

今年は殆どポケモン触れなかったので来年は頑張りたいと思います…(去年も言った気がする)

 

f:id:hinakohinako:20160504131449j:plain

人のをパクって回しただけだしそんなに勝ててもないので供養程度にこれにて終了です!

自分なりに必死に考えたオーガレックよりもよっぽどこっちの方が使いやすいし強かった。

あと素催眠してすいませんでした。

【ORAS伝説解禁ダブル】ボルトクチートオーガレック

f:id:hinakohinako:20160328153034p:plain

約1年ぶりの更新。

ポケモンやってなかったのもあるけど勝てなさすぎて残す価値のない構築ばかり出来上がる1年でした。

 

強いと噂だったオーガレックに流行に乗り遅れながらも使い始めて1カ月半ぐらい愛用してみました。

戦績はS14スぺレで1783、でしで杯3位、INC Marchで25-10の1700↑ぐらいの微妙すぎる感じ。戒めも込めて残しておくことにしました。

ORASのGSルールはドーブルさえいなくなってくれたらもう少し楽しい気がします…

使用構築はこちら。

 

f:id:hinakohinako:20160328170958p:plainf:id:hinakohinako:20160328170903p:plain 

f:id:hinakohinako:20141219041304j:plainf:id:hinakohinako:20141219140954j:plain

f:id:hinakohinako:20140911103334j:plainf:id:hinakohinako:20160311010341p:plain

 

ポケモン技1技2技3技4もちもの
ステータス特性
備考
ゲンシカイオーガ 潮吹き 冷凍ビーム まもる 藍色の玉
控えめ 205-*-137-228-180-110 始まりの海

eSR様の配分をそのまま拝借

C : 雨「しおふき(威力150)」で181-120メガガルーラに180~213(93.75%で倒せる)
B : 232メガレックウザの鉢巻「ガリョウテンセイ」で172~204
B : 232メガレックウザの「ガリョウテンセイ」+「しんそく」で166~197

メガレックウザ  ガリョウテンセイ  神速  オーバーヒート  守る  気合の襷 
 陽気ASぶっぱ デルタストリーム
化身ボルトロス   10万ボルト めざめるパワー水 電磁波  挑発 or威張る ラムの実 
 臆病 183-x-104-145-109-158 悪戯心 

B:威嚇込177メガガルーラ猫騙し+捨身タックル耐え

D:255ゲンシカイオーガの冷凍ビーム75%の乱数耐え

S:最速ランドロス抜き

霊獣ランドロス   大地の力 めざめるパワー氷  蜻蛉返り   岩石封じ 突撃チョッキ 
臆病CSぶっぱ   威嚇
メガクチート  じゃれつく  アイアンヘッド  不意打ち  守る  クチートナイト 
 意地っ張り 151-165-145-x-115-84  威嚇→力持ち
 S:電磁波を受けた最速S2段階上昇ゼルネアス抜き 残りHA
 ナットレイ ジャイロボール  パワーウィップ  宿り木の種  守る   食べ残し
勇敢 181-146-151-x-149-22 鉄の棘 

 D:食べ残し込でゲンシカイオーガの根源の波動2回耐え 残りHA

 

以下個別解説

f:id:hinakohinako:20160328161859p:plainゲンシカイオーガ

レックウザに対してオーガが突っ張らなければならない構築なのでHB寄り。

ミラーを意識して雷を入れて実際打つ場面が多かったですが、潮吹きだけでは不安が残る場面も多いので熱湯とかでも良かった気がします。

 

f:id:hinakohinako:20160328162720p:plainメガレックウザ

オーバーヒートはナットレイクチートがどうしてもきつくなりがちなので採用。

襷があるとミラーやガリョウ後にもう一度動ける安心感があって珠より使用感はよかったです。

 

f:id:hinakohinako:20150930051055p:plain化身ボルトロス

ドーブルを強く意識しラム持ち。初手に必ず投げるS操作要員。

ボルトクチートやボルトランドで投げることが多く、守るを切っていることから猫捨身耐えまで振りました。

ボルトクチートで選出した場面では相手のグラードンが完全にフリーになってしまいます。

そこでクチートをオーガにバック、ボルトのめざ水で不意を突いてグラードンを倒すという算段です。(CSやASのものは雨込みで倒せますが耐久振りだとわずかに残るのもポイントです)

これで拾った試合は20試合以上はあると思うので裏でTN控えられてそう(適当)

 

f:id:hinakohinako:20141219043609j:plain霊獣ランドロス

元々は一般的な物理チョッキ型でしたが、ゲンシグラードンを半分すら削れないことや構築単位でボーマンダがきつすぎることもあり特殊型に。

メガボーマンダハイパーボイスを2回耐えるためにチョッキ持ち。

岩石封じはホウオウやファイアローに打つだけでなく、S操作として使ってオーガやレックウザへつなげる場面もあった有能な技でした。

全国ダブルほど選出する機会はありませんでしたが、特にディアルガへの貴重な打点としてオーガレックに欠かすことができない存在だと個人的に考えています。

 

f:id:hinakohinako:20150712222510p:plainメガクチート

威嚇とゼルネアスへの高い打点を評価して採用。相手のフェアリーオーラやダークオーラにタダ乗りできるのもメリットの一つだと思います。

ガルーラゼルネアスボーマンダに強いのは非常に好感触でしたが、レックウザメガシンカできなくなるデメリットも大きいのでなかなか難しいですね。

BIG6相手には必ずボルトクチートを初手に投げていました。

 

f:id:hinakohinako:20160328165009p:plainナットレイ

 オーガレックとの相性が良好なので採用しましたが、今思えばモロバレル入りにすることでクレセリアディアルガ入りのトリックルームパーティに少しでも抵抗できるようにした方が良かったかもしれません。(相手がラムを持っていたらボルトロスの挑発が通るので大丈夫)

ガルーラクレセリアへの詰めのコマとして使えましたが、グラードンが重くなりすぎるのは流石に問題すぎたかもしれません。

 

反省点や改善点など

まずオーガレックの宿命ですがディアルガやサンダーがキツすぎます。次点で威嚇や飛行の通りの良さからボーマンダも厳しめ。

特にサンダー入りには追い風潮吹き展開が全く止められずマッチングした計5試合全て落としているのでここらへんが問題点だと思います。

クレセグラのトリルにもメンタルハーブ持ちで貼られてしまうとゲームセットなのでナットレイモロバレルに変えた方が良いでしょう。

ちなみにせっかくオーガが遅いんだしボーマンダやサンダーに強そうなトリルディアルガを採用したところ、レート1400台に突入したのでディアルガは二度と使いません

 

またボルトのめざ水やオーガで処理しきれずグラードンを回されたり残されるとほぼ負けが決まってしまったり、エアロックで自身のオーガの火力を削いだりする場面もありオーガレック自体立ち回りが非常に要求されるものだと思います。

そこらへんBIG6とかの方が安定して上位にいけてる理由なのかなーと思ったりもしました。

1800に残れなかったのもほぼ全てここらへんの課題点でした。構築の限界ってやつですね。


サンダーとディアルガが憎すぎるのでしばらくはグラードン入りを使おうと思います。

【全国ダブル】シーズン10使用構築 ポリクチトリル改

 

f:id:hinakohinako:20150713165705j:plain

シーズン10の間スマブラとスクフェスばかりしてるように見えて実はポケモンもやってました。

しかし潜ってたのはXYリーグという始末。

何をしているのでしょう・・・

 

XYリーグはあまりの過疎っぷりを揶揄されて墓場リーグと呼ばれたりしますがこの2ヵ月間潜ってまさにその通りだと痛感しました。

 

この画像が一番わかりやすいと思います。XYシーズン10 7/8付のPGLダブルのデータです。

f:id:hinakohinako:20150713165830j:plain

f:id:hinakohinako:20150713165905j:plain

 

雨クチよりも、ポリクチよりも時代はエモクチ!ボルトロスやサンダーの時代はもう終わった!

XYダブル使用率8位ですらこのザマです。お分かり頂けただろうか。

 

何でそこまでしてXYリーグに潜ったの?ORASやれば?と思う方が大半でしょう。

大きく分けて理由は3つ。

 

①噴火したかった。

ジャパンカップモロバレルを焼き払うには大文字やオバヒといった単体攻撃技を採用せざるをえないのが癪で懐かしの噴火ドランが恋しくなった。これが事の発端。

 

②周りがXYリーグをやってた。

ツイッターで親しい人がシーズン序盤に何故かXYリーグダブルで順位争いをしていたので便乗。そして誰もいなくなった

 

③最終1ページ目になりたかった。

これに尽きると思います。皆がXYリーグに飽きた後もやり続けたのは間違いなくこれ。

S7スペシャルレート(ホウエンダブル)で結局最終11位で終わったのがいまだに悔しくて、XYリーグに目をつけてやってしまった。後悔はしていない。

 

最終成績は・・・

f:id:hinakohinako:20150714135452j:plain

f:id:hinakohinako:20150714135508j:plain

75-9 1915 最終5位でした!

なおXYリーグの模様

 

何を間違えたのか最終日の7/14深夜3:30頃から「1909だと不安だな〜」と思ってしまって潜り始めるといきなり急所で死んでレート31を失う。(結果的には1909から放置しても1ページ目に残れていた)

ブチギレながら取り戻すために潜ってるうちに更に急所でやられてたった2敗で59も失い1868まで落ちる。

泣きながら1910の壁を越えようと三度1900超えては落ちてを繰り返して結果最終日の深夜3時半から朝7時過ぎまで徹夜レートをする頭の悪さを露呈してしまった。わずか3時間半の間に4人の方と再戦しました。

結果58-6 1909スタートで75-9 1915フィニッシュの20戦で6しか上がってない虚しさ。でもこのたった6上げたことで8位→5位に上げられたのはいい経験になったと思ってます。

XYリーグは1度の事故を取り返すのに1時間はかかってストレスやばいので本当にやめた方がいいです。てか二度とやらない。

 

・・・前置きが長くなりました。

使用したものは概ね前記事のこれと同じです。

 

今回は前回あまり書かなかった採用理由とジャパンカップから2カ月以上使い込んで改善した点を挙げていきます。

 

壱.採用理由

まず追い風ガルーラスタンが多い現環境において明らかにトリックルームによるS操作が強いことに注目。

威嚇枠と殴る枠をある程度節約できて環境に多いガルーラサーナイトに強いf:id:hinakohinako:20150712222510p:plainメガシンカ枠に選択。リザードンに対してもトリルを貼れば岩雪崩で処理することができます。

私がXY時代に使っていたような電磁波ボルトロスによるS操作のスタン(参考までに下記リンク)も相変わらず強力ではあるが、やはりニンフィアサーナイトギルガルドあたりに隙を見せがちなのと相手のガルーラに電磁波を入れたいときボルトランドサンダーに交代するか否かを1点読みしていかねばならない時点で安定感を感じられず断念。

次に誰をトリックルーム始動にするかですが、クチートはやはりランドロスヒードランがもっとも苦手でありここに大きく打点をとれるf:id:hinakohinako:20150505105812p:plainを選択。

f:id:hinakohinako:20150714151008p:plainだとランドロスにはかなり強いですが、DLめざ地面でヒードランを倒せる点やガルーラにゴツメダメージ与えた後にトラアタで処理に向かえる点を評価してポリゴン2としました。

ここまで格闘打点やキリキザンがかなり厳しいこともあってf:id:hinakohinako:20140830162254j:plainを採用。

さらにクチートモロバレルが絶望的に炎耐性がないのでf:id:hinakohinako:20150501163904p:plainを選択。

 

ここまでの4匹が基本選出です。

残りのうちf:id:hinakohinako:20141219044352j:plainトリックルームミラー、対雨、申し訳程度の催眠耐性を買って採用。この3種のパーティ以外にはほぼ選出しません。

f:id:hinakohinako:20150712232556p:plainは改善点の項目で後述します。

 

これにて構築が完成。以下詳細データを示します。

f:id:hinakohinako:20150505104331p:plainf:id:hinakohinako:20140911103334j:plain

f:id:hinakohinako:20150501163347p:plainf:id:hinakohinako:20150712230847p:plain

f:id:hinakohinako:20150505104741p:plainf:id:hinakohinako:20150505104837p:plain

 

ポケモン技1技2技3技4もちもの
ステータス特性
備考
ポリゴン2 トライアタック めざめるパワー地面 守る トリックルーム 進化の輝石
冷静 191-x-112-171-115-58 ダウンロード
ほぼHC振り C+1めざ地面でD無振りヒードランにMin184dmg
 メガクチート じゃれつく  不意打ち  岩雪崩  守る  クチートナイト 
勇敢 155-172-145-x-118-49  威嚇→力持ち
 ほぼHA振り
ヒードラン   噴火 熱風  大地の力  守る   防塵ゴーグル
冷静 191-x-134-200-126-73  貰い火 
 ほぼHC振り あまりをBに振るとメガマンダの複数地震を約70%の乱数耐え
ローブシン  ドレインパンチ 冷凍パンチ 雷パンチ  マッハパンチ   突撃チョッキ
勇敢 207-201-115-x-100-45 鉄の拳 
 A:威嚇込鉄の拳冷凍パンチで165-110霊獣ランドを確定 D:ギルガルド珠シャドボがチョッキ込確定3発
モロバレル エナジーボール 怒りの粉  キノコの胞子  守る   ゴツゴツメット
呑気 221-x-134-105-101-31 再生力 
 HBぶっぱ
ファイアロー  ブレイブバード フレアドライブ 空を飛ぶ 寝言   拘り鉢巻
意地っ張り 185-146-91-x-89-147 疾風の翼 

 ブレバで残存するようにHAぶっぱ

 

.ジャパンカップ以降からの改善点

表で赤字にしてある変更した点について解説していきます。

 

f:id:hinakohinako:20150505105812p:plainポリゴン2

変更点は自己再生→守るです。

自分がORASリーグでポリクチとマッチしたとき、必ずと言っていいほど初手ガルーラ猫騙しをポリ2に打って横の攻撃を重ねてトリルをさせないようにする立ち回りをしていました。実際に自分が使っているときもしょっちゅうこの場面に直面しました。

要はトリルをするのがバレバレなので集中をくらいやすいということです。

そこで守るを搭載することでより安全にHPを残しトリックルームしていけるようにしました。

初手にガルーラが出てきたら基本的にポリバレルで両守るするようにしましょう。

 

f:id:hinakohinako:20150501163904p:plainヒードラン

変更点は火炎放射→噴火です。ORASでやるならギルガルドモロバレルを落とせるオーバーヒートやガブランドをトリル下で縛り返せるめざ氷が良いと思います。このポケモンでeasy win決めるのが墓場リーグ1番の醍醐味でしょう。

結論:やはり噴火は最強だった。

 

f:id:hinakohinako:20150712232556p:plainローブシン

霊獣ランドロスローブシンに変更しました。

これが一番大きな変更点でしょう。

ジャパンカップ後にチョッキ特殊霊獣ランドも試してみたんですが、物理型では強かったはずのリザードンサーナイトあたりに役割が持ちにくくまた水ロトムがかなりキツくなるため使い勝手の悪さを感じて解雇しました。

 

この時点で重かったのはガルキザン、身代わりヒードラン、トリル後のランドロスガブリアス、水タイプ全般でした。

この全てに充分に強くトリックルームとも相性のいいローブシンを採用し、構築はかなり改善されました。レートを伸ばせたのは間違いなくこの枠の改善でしょう。

雷パンチは叩き落とすでもいいと思いますが、持ち物落としたい場面よりギャラドスで死にかけたりメガリザY殴りたい場面の方が多かったので雷パンチでいいと思います。

 

ローブシンを入れたことでヒードランが格段に処理しやすくなったので前記事で示したf:id:hinakohinako:20140830162254j:plainめざめるパワー地面は不採用となりました。守るは挑発ボルトへのしのぎでかなり必要だと感じました。

 

f:id:hinakohinako:20141219044352j:plainファイアロー

変更点はトンボ返り空を飛ぶにしただけです。

寝言で選ばれない空を飛ぶはフィールド移動に役割が持てます。

 

 

以上で全国ダブルにおける私なりのポリクチをまとめさせてもらいました。

来期からはちゃんとORASリーグに復帰します!バイバイ噴火ドラン!(;_;)/~~~

 

何か気になることがあればツイッター@hinakohiyoまでどうぞ。

【全国ダブル】ジャパンカップ2015使用構築 ポリクチトリル

f:id:hinakohinako:20150505070127j:plain

先に書いておくと、サブROMのTNアイスブルーでした。対戦してくださった方々ありがとうございました。

ラブライブ!絢瀬絵里ちゃんのソロアルバムタイトルアイス・ブルーの瞬間から取りました。ぱっと見オシャレっぽいTNなので気に入ってます。

 

長らくブログを更新してなかったのは1-3月ポケモンにあまり触れてなかったのもありますが、一番の理由は全く勝てなくなっていたことです。

インフレシーズンにもレート2000も越えられず、人に構築をパクって回しても全く勝てないままジャパンカップを迎えてしまいました。

本ROMはジャパンカップまでガルサザンバレルドランボルトランドを回してレート1850まで勝率8割弱で乗せられたから強くね?ってことで適当にこれにしましたが、結果はレート1470という見るに堪えない結果でした。

ガルクレセやゲンガーあたりに耐性がなさすぎました。プレイングもお粗末すぎました。

そこでサブROMでこそ何か勝てる構築はないか、フォロワーさんに色々構築や環境、立ち回りを聞きまくった結果、いつもは避けてきたトリルクチートを組んでいくことに決めました。

クレセクチートだとどうもキザンやガルド、ヒードランが気になったため、シングルで強いと名高いポリクチを採用し、レートで2,3戦だけしてそのまま本番に臨みました。

結果は最高レート1773、その後1750付近で停滞し結局徹夜で集中力切らして最終1706という代表まであと2勝足りなかった結果に終わりました。

1795あたりをボーダーと見て目標にしていたのでレート溶かしたこと自体には後悔はありません。また次の一年でプレイングや構築を見直していきたいです。

 

長くなりましたが使用構築はこちら。

f:id:hinakohinako:20150505211159j:plain

以下個別解説と感想を。

 

f:id:hinakohinako:20150505105812p:plainポリゴン2@進化の輝石

ダウンロード

冷静191-x-112-171-115-58

トライアタック/めざめるパワー地面/自己再生/トリックルーム 

選出率100%の文句なしのMVP。今回はクチートとこれを使いたくて組み始めました。

クレセリアと違い火力がかなり高いのでトリル起動後自身も殴り合いに参加できる点が非常に評価高かった。

参考までに+1めざ地で193-126ヒードラン68.8%というメガサナ等よりもめざパに関しては高め。

レートでは冷凍ビームを所持させてボルトランドに強くしているものが多く見られましたが、この構築は主に水ロトムスイクン、トノルンパ等を殴りたい場面を想定して汎用性の高いトライアタックにしました。

何より追加効果が強い。

ぶっちゃけこれに尽きると思います。凍らせたボルトロス2体。焼いたガルーラ3体。最強かよ・・・

めざ地はヒードランミラーやギルガルドが厳しいのでこれも外せませんでした。

地味にメガゲンガーを処理したりもしました。強い。

トリル貼った後すぐには攻撃に参加せず不意打ち透かしの再生するのは何とも気持ちいいものがありました。

ランドロスの処理ルートとしてかなり重要なので終盤まで残しておく立ち回りが要求されます。

 

 

f:id:hinakohinako:20150712222510p:plainメガクチート@クチートナイト

威嚇→力持ち

勇敢HAベース

じゃれつく/岩雪崩/不意打ち/守る

トリルエースとして起用。使い慣れてるだけあって殆ど試運転なしでもしっくりきました。

ポリゴン2を倒しにくるガルーラの火力を削げるのが絶妙に噛み合っていました。

技は雪崩不意打ち守るまではすんなり決まり、水タイプ(主にルンパッパ)をすぐ処理できるじゃれつくを採用。

ただ最後の1750前後で停滞してしまったとき、みがまもドランと裏から出てくるランドロスが非常に厳しく腐ってしまったため、メガカメックスとの2メガにしてみるなどの工夫はした方が良かったと思います。

 

f:id:hinakohinako:20150501163904p:plainヒードラン@防塵ゴーグル

貰い火

冷静191-x-134-200-126-73

熱風/大地の力/火炎放射/守る

主にモロバレルポリゴン2が弱いのをどうにかする防塵ゴーグル枠として採用。リザードンにクソ強いのがとても評価高い。

Bを余りに振ったのは陽気メガマンダの地震を81.2%で耐えたりと割と重要な場面が多かったです。

噴火を失っても上から縛られず熱風通せるのは普通に強かった。

強いて言うなら命中安定の火炎放射より相手のモロバレルを一撃で飛ばせる大文字の方が良かった気がします。

 

f:id:hinakohinako:20140830162254j:plainモロバレル@ゴツゴツメット

再生力

呑気HB振り

エナジーボール/怒りの粉/キノコの胞子/守る

粉やゴツメ要員としても優秀ですが、防塵ゴーグルヒードランと並べて相手のバレルを完全に無力化させるための駒として採用。

相手のみがまもヒードランの身代わりを破壊したい場面が多々あったので守るor胞子→めざ地がbetterだったかもしれません。

 

f:id:hinakohinako:20140830170455j:plainランドロス@スカーフ

威嚇

陽気AS振り

地震/岩雪崩/馬鹿力/とんぼ返り

ポリ2ランドでトンボトリルは強かったのは強かったんですが、ポリゴン2クチート自体がキリキザンを呼びやすく終盤ほとんど選出機会に恵まれなかったためこの枠に関しては失敗だと思いました。

クチートの項目でも少し触れましたが、クチートが出しにくいときに出せてガルランドドランガルドに打点が持てる2メガ目のメガカメックスが良かったんじゃないかと終わってから反省会してるときに気づきました。

 

f:id:hinakohinako:20141219044352j:plainファイアロー@拘り鉢巻

疾風の翼

意地っ張りHA振り

ブレイブバード/フレアドライブ/とんぼ返り/寝言 

主に対雨やトリルミラー、エルゲンで活躍してもらいます。申し訳程度のダクホ対策。

ポリ2アローの並びをトリル下に完成させたらいくら威嚇を入れられても1匹ずつ倒していけるeasy winが決めやすいです。

トノルンパ雨にはポリ2アロー投げてブレバトリル選択でアローが落されたらクチートを裏から投げ、ポリ2を猫で止めに来たらブレバが通る算段でおおよそ勝てます。(あいにくジャパンカップでは一度も雨とマッチングしなかった)

 

基本選出はポリドラン裏バレルクチorポリバレル裏ドランクチです。

リザードン入りやトリパミラーなどバレルが全く役に立ちそうにない相手であればアローに差し替えましょう。

ランドは1600未満のときしか出せず、上に上がるにつれて実質5匹で対戦してるようなものでした泣

 

【反省点と改善案】

ダクホ対策は完全に切ってるのでアローの寝言で誤魔化すか避けるしかないです。

31戦中1回もマッチしなかったのはかなり運が良かったと思います。

 

後半の負け試合は1つめがガルドランで猫をポリ2、ドラン身代わりでヒードランを全く倒せなくなるパターンでした。

ここはバレルにめざ地を入れることでもう少しケアできたように思います。

2つめがスカーフランドがトリル切れてポリ2が落ちた後に地震連打で全滅の流れでした。

これはクチートドランが地面に弱すぎるのが原因なのでカメックスを選出するように組んだら改善できたように思います。

 

高耐久水タイプ(スイクンミロカロス)やクレセリアは直接倒さなくても取り巻き倒してTODで勝てたので特に苦しいとは感じませんでした。

このルールはやたら時間が短いせいであと1ターンあったら負けてた試合3つあったくらいでした。来年はよりTODを勝ち筋にできる構築を心掛けたいです。

 

【感想と余談】

去年のジャパンカップに比べたらポケモンというゲームに対してかなり理解度は高まったと思います。

それでもまだまだ足りないので来年こそ代表圏内を目指せるようになりたいですね。

初めてスカイプ通話しながらレートしたり構築相談したおかげで惜しいところまで辿り着けたのは自分でも満足してます。

徹夜通話しながらお互いが運負けして発狂しまくって騒げて楽しかったです。

通話や構築相談で手伝ってくれたフォロワーの皆さん本当にありがとうございました。来年も是非していきましょう。

 

何か質問や誤字脱字があればツイッター@hinakohiyoまでどうぞ。

【シーズン7スペレ構築】ホウエンダブル 最終11位 追い風マンダグロス

f:id:hinakohinako:20150104024717j:plain

 

 

シーズン7のスペレはホウエン図鑑ポケモンしか使えないルール。
シーズン6のスペレ記事でも書きましたがガルーラファイアローギルガルドのXY三銃士が大嫌い(使わないとは言ってない)なのでこういうルールは毎回凄く楽しいです。
 
追記:最終順位が出ました!
 
f:id:hinakohinako:20150115170830j:plain
 
前期スペレのカイロス雨より良い順位ですし、一瞬ですが1ページ目に入れたり嬉しかったです(小並感)
でもあと1勝か2勝で1ページ目だったと思うと悔しいですね。
次こそ上位狙うときは1ページ目を目標にしたいです。
 
使用メンツはこちら。
 
f:id:hinakohinako:20150104150026j:plainf:id:hinakohinako:20150104150038j:plain
f:id:hinakohinako:20150111174824j:plainf:id:hinakohinako:20150104150059j:plain
f:id:hinakohinako:20150104150119j:plainf:id:hinakohinako:20150104150132j:plain
 
( ˘⊖˘) 。o(メガマンダ横にデカすぎだろ・・・)
 
以下順番が前後しますが個別解説です。
 

f:id:hinakohinako:20150104181849j:plainキュウコン@命の珠

日照り
臆病CS振り
熱風/ソーラービーム/めざめるパワー氷/守る
 
このルールはメガボーマンダメガサーナイトの2体のハイパーボイスの通りがとても良く、それを受けるためにほぼ必須レベルでメタグロスが構築入りしてきます。
それを処理するためにキュウコンもほぼ必須レベルで入ってくるので必然の選択といった感じでした。
選出率もほぼ100%です。
 
ただ普段使われないだけあって珠持ち臆病C極振りキュウコンでも臆病C無振りメガリザYより火力が低かったり、メガマンダのスキン恩返しやクロバットの鉢巻ブレバでワンパンされたりと種族値の低さはかなり感じました;;
 
技は主力の熱風、集中受けやすいポケモンなので守る、ミロカロスへの遂行でソラビ、最後に削れたメガマンダやフライゴンへの遂行技でめざ氷を採用しました。
 
ちなみに珠めざ氷でH4振りメガマンダはほぼ落とせません。
 
参考までに。
f:id:hinakohinako:20150105210631j:plain
 
悲しいなぁ・・・(諸行無常
クロバットのブレバorグロスのバレパン+キュウコンの珠めざ氷といった使い方をしましょう。かすり傷でも与えていればめざ氷圏内になります。
 

f:id:hinakohinako:20150105150248j:plainクロバット@ウタンの実

精神力
陽気191-111-101-x-101-200
ブレイブバード/怒りの前歯/挑発/追い風
 
構築の基軸となるS操作ポケモン
ほぼ必ず先発で出します。
 
先発で追い風や前歯で場を荒らして後ろのメガマンダに繋げるのが基本です。
怒りの前歯は特にメガマンダやメガサナに対して受け出ししてくるメタグロスに交代読みで当てることで機能停止を図ることができて非常に便利な技でした。
 
当初はメンハラムあたりで運用してましたが、スカーフラティオスやスカーフサーナイトによる奇襲が多く見られたのでウタンを持たせました。
急所に当たってもウタン込みでスカーフサイキネ耐えるのは偉いですね。
別の視点から言えば眼鏡サイキネも耐えるということです。
 
威嚇→スカイスキン
無邪気AS振り
捨て身タックル/流星群/大文字/守る
 
この構築の基本選出のメガシンカです。
キュウコンの晴れ熱風+メガマンダの飛行技をこのルールで受けきれるポケモンはまず存在しないので非常に強力なエースとなりました。
 
シーズン終わり1週間前までは特殊オンリーの臆病ハイボ型にしてましたが、一度1753→1620まで大爆死したときにどうもキュウコンミロカロスマリルリを倒しきれず負ける場面が目立ったので捨て身タックルを採用に至りました。
その結果レートをしっかり戻せたので正解だったと言えるでしょう。
 

f:id:hinakohinako:20150104181828j:plainメタグロス@突撃チョッキ

意地っ張り181-198-151-x-111-103
思念の頭突き/地震/冷凍パンチ/バレットパンチ
 
S:追い風下で最速メガライボルト抜き&通常時S4振りギャラドスミロカロス抜き
A:11n
H:8n-3
 
以前使ったカイロス雨の個体に比べて更にSに割きました。
ミラーで先に動きたいのとミロカロスの熱湯火傷の可能性を少しでもケアしたかったからです。
採用理由が特殊に投げる要員であるためラムは持たせられませんでした。
 
技構成はメガマンダ同様にシーズン終わる一週間前まではアイアンヘッドを採用してましたが、メガマンダを追い風下で処理したい場面がかなり多かったので冷凍パンチに変更しました。
これも正解だったと思います。
 
トレース→フェアリースキン
控えめ169-x-92-209-156-147
 
HB:珠意地っ張りファイアローのブレバ確定耐え(あくまで目安)
C:11n
S:メガシンカ後に最速ギャラドス抜き
 
スペレ上位の構築は殆ど追い風軸でトリルは少なかったのですが、このルールは過疎故に低レート(特に外国人)とマッチングすることは避けられず、不意のガチトリルも対策必須と思い封印トリルサナを裏選出に置きました。
 
配分は封印持ちの個体故に場持ちさせたく耐久とSに割きました。
メガマンダだとギャラドスがどうしてもキツいのでこちらを選出することも多くSは最速ギャラ抜きに設定。
モロバレル不在の環境なのでエスパー技切りでも殆ど困りませんでした。
・・・とは言えメガバクーダキュウコン殴りたいときが多少あったのでサイコショックは欲しかったです(小声)
 
封印はトリルを封じるだけではなく、守るも封じることができるので相手のメガバクーダメガクチートを迅速に処理できるため裏選出として十分に活躍してくれました。
トリルは封印するためだけの技であって絶対に打ちません。というか打ったら自滅しますw(1回追い風読みでやって無事自滅しました)
 
余談ですがこのメガサナ使うまで封印はメンタルハーブを無視して相手の行動封じることができることを知らなかったです()
 
f:id:hinakohinako:20150111174240j:plainルンパッパ@気合の襷
すいすい
控えめCS振り
熱湯/エナジーボール/冷凍ビーム/猫騙
 
最後にせっかくの封印メガサナで封印するターンにハリテヤマ猫騙サマヨールトリルのように決められたら話にならないため、猫騙し持ちを採用しようと決めました。
 
殆どの試合はダーテングで回していたのですが、あまりに選出しないのでシーズン終了二日前に襷ルンパッパに差し替えました。
ダーテングに比べるとルンパッパはキュウコンとアンチシナジーに見えますが、ヤミラミイルミーゼによる手動雨に弱いキュウコンとの補完も考えると必要だと思いました。
 
基本選出
 
①先発f:id:hinakohinako:20150105150248j:plainf:id:hinakohinako:20150104181849j:plain
後発f:id:hinakohinako:20150104181828j:plainf:id:hinakohinako:20150104181433j:plain
 
一番よくやる選出です。
初手クロバット追い風、キュウコン熱風or守るから展開してどちらか落ちた後にグロスかメガマンダ投げて暴れる勝ちパターンです。
ヤミラミとルンパッパorキングドラが同居していたりと露骨に雨乞いしそうな場合は先発にクロバメガサナを出すこともあります。
 
②先発f:id:hinakohinako:20150104181751j:plainf:id:hinakohinako:20150111174240j:plainorf:id:hinakohinako:20150104181751j:plainf:id:hinakohinako:20150105150248j:plain
後発f:id:hinakohinako:20150104181828j:plainf:id:hinakohinako:20150104181849j:plain
 
サーナイトとルンパッパの項目で触れた通り、対トリルへの選出です。
ルンパッパは猫騙し+トリルの並びがありそうなときに、それ以外の場合はクロバットをサナの横に置きます。
封印さえ決めてしまえばサマヨールヨノワールは腐りまくりでメガクチートメガバクーダも守るを使えないのでサーナイトを大事にしつつキュウコングロスで片付けていきます。
参考までにH振りメガバクーダは怒りの前歯+メガサナの75%ハイボ2発で倒せるので覚えておくといいでしょう。
 
 
スペレは毎回全国ダブルでは輝けないポケモンが活躍できるルールなので皆さんも是非やってみましょう!(今回のホウエンダブルだとキュウコンダーテングイルミーゼなど)
普段使わないポケモンに触れることでまた何か新しいことが分かるかもしれません。
私も今回のホウエンダブルはサーナイト以外全部新規育成ですし、ダブルで追い風軸のパーティ使ったのは初めてでした。
育成や厳選の手間はかかりますが、いつも使わないポケモンがイキイキするルールは楽しいです。
 
 
何か質問とかあればツイッター@hinakohiyoまでどうぞ。

【シーズン5後期-6】全国ダブル クチート♡LOVELOVE♡スタン

f:id:hinakohinako:20141114224541j:plain
 
illustrated by @unaginyosu_poke 
 
今回紹介するのはシーズン5後期〜シーズン6、つまり8月下旬〜11月上旬まで約3ヶ月間使い込んだ構築です。
 
シーズン5で最終レート1969 40位、シーズン6でPGL最高レート1937 34位と自分としてはなかなか好成績で終えました。 
 
とにかく最速ガルーラ使って分かったのはガルーラミラー同速ゲーのストレスで禿げるし、耐久ガルーラは以前シーズン4で使ったし、とりあえずガルーラ病を治さなきゃ(使命感)ってところからこの構築は始めました。
 
ガルーラに強いメガといえば馬車ルカリオなど色々ありますが、今回はS関係さえ支配できたら強烈な支配力を持つクチートをメガ枠に選択しました。
 
現環境のトリルはモロバレルギルガルドファイアローといった障壁が多くあまり魅力を感じないのでクレセリア等は除外し、スタン軸として電磁波でS操作をしていく方針を定めました。
とにかくクチートは火力が恐ろしく行動できたら強いのですが、上から鬼火入れられるだけで機能停止するので、取り巻きでカバーすることを考えた上で構築していきました。
 
使用構築がシーズン5〜6中盤までとシーズン6終盤で少し異なるので分けて書きます。
 
【Season5〜6 middle stage version】
f:id:hinakohinako:20140911103312j:plainf:id:hinakohinako:20140911103320j:plain
f:id:hinakohinako:20140911103334j:plainf:id:hinakohinako:20140911103348j:plain
f:id:hinakohinako:20140911103357j:plainf:id:hinakohinako:20140911103407j:plain
 
威嚇→力持ち
意地っ張り 155-158-145-x-115-86
じゃれつく/アイアンヘッド/不意打ち/守る
 
HAベース
S:追い風下で最速ガブリアス抜き調整ニンフィア(S85)抜き
 
この構築の始まりにして攻撃の要となるエースです。
異様にSを速くしてるのはS甘えたニンフィアを上から一撃で落とすのは勿論、クチートミラーやマリルリに対して必ず殴り勝つためです。
普通のHA個体に比べかなり火力を下げていますが、明らかにオーバーキルなことが多いので不足は殆ど感じませんでした。
 
技構成は至ってスタンダードです。
アイへは単に命中安定なだけでなく、電磁波と合わせてまひるみを狙ったり、メガフシギバナメガゲンガーなどへの遂行技になったりします。
S操作が非常に重要になるポケモンなのでボルトロスによる電磁波お膳立てが勝利の鍵を握ります。
 
この構築の組み方からして先発にランド呼びやすいのでほぼ必ず後発に置きます。
リザバナ等明らかにクチートが活躍しにくい相手に対してはメガ枠と言えど無理に選出しない勇気も大切です。
 
悪戯心
図太い 185-x-125-145-110-131(めざ氷31-3-31-31-31-30個体)
10万ボルト/めざめるパワー氷/挑発/電磁波
 
意地っ張りメガガルーラの親子愛捨て身タックル15/16の乱数耐え
意地っ張りスカーフ霊獣ランドロスの75%岩雪崩確定3発
残りD振りで臆病命の珠サザンドラの流星群確定耐え
 
猫騙しを被弾しやすく、ガルーラにゴツメ2回入ればエンテイの珠聖なる炎、クチートアイアンヘッド圏内に入るのでゴツメと非常に相性が良かったです。
ゴツメのおかげでレパルダスマニューラゴウカザルなど襷持ちの猫騙し要員も瞬殺しやすかったです。
耐久ボルトと言えば一般的にはオボンかもしれませんが、上記のようにガルーラへの処理ルートとしての採用なのでこの構築に関してはゴツメ一択です。
 
挑発はトリル対策よりもキノガッサギルガルドの補助技、ブーバーバレルなどこの指怒りの粉持ちにかなり有効だったので絶対に外せませんでした。
めざパもせっかく雪崩を2回耐えるのでランドを返り討ちにするため必須でした。
 
f:id:hinakohinako:20140911152220j:plainサザンドラ@拘り眼鏡
浮遊
臆病CS振り
流星群/悪の波動/火炎放射/大地の力
 
次にクチートに鬼火を打ちにくるロトムヤミラミを処理できて、クチートの苦手なドランやリザYにも強い眼鏡サザンドラを採用しました。
 
配分は控えめCSにしてましたが、眼鏡サザンドラミラーで負けることが目立ったので最速に。
ウインディに必ず先制できる安心感も良かったように思います。
 
地味にエンテイランドロスへの水技やクチートへの炎技を受ける役割も担っており、CS配分でありながら受け出しもしやすい素晴らしいポケモンだと思いました。
 
f:id:hinakohinako:20140911154004j:plain霊獣ランドロス@拘りスカーフ
威嚇
陽気AS振り
地震/岩雪崩/馬鹿力/はたき落とす
 
お ま た せ
サザンドラへの格闘受け担当とか横の雪崩ダメージ軽減する便利屋として採用。
最速スカーフじゃないとメガプテラや追い風下噴火ヒードランを抜けないので最速。これが活きた試合は数知れず。
 
f:id:hinakohinako:20140911153157j:plainスイクン@オボンの実
プレッシャー
控えめ 204-x-135-136-136-126(めざ草31-2-31-30-31-31個体)
熱湯/冷凍ビーム/バークアウト/めざめるパワー草
 
183-105ガブリアスを冷凍ビームで14/16の乱数1発
198-126ヒードランを熱湯で96.5%の乱数で2発
S:最速バンギラス+2
 
クチート対策筆頭で使われやすいヒードランが厳しいのでバークアウトや熱湯で抑え込む役割として採用しました。
オボンを持たせないとニンフィアの眼鏡75%ハイボ2発で死ぬのでオボン持ちに。
今回は物理耐久面も心配だったのでオボンにしましたが、フルアタですしチョッキでもいいかもしれません。
 
後述のボルトエンテイの並びが岩技にやたら弱いのでそれをケアするためガブリアスランドロスなどを高速処理できるよう火力も確保しました。
 
めざ草はこの構築で絶望的に重いトリトドンにできるだけ隙を見せないためです。
 
追い風起動要員っぽく見えるのも結構いい偽装になってたのかもしれません。
というか追い風入れてみても面白かったかもしれませんね。
 
f:id:hinakohinako:20140911154617j:plainエンテイ@命の珠
プレッシャー
意地っ張りAS振り
聖なる炎/神速/ストーンエッジ/守る
 
この枠は最後まで悩みました。
最初ニンフィアでパワー押しを考えたり、キザンへの打点の欠如を考えてマッパゴウカザルを取り入れたりと色々迷走しました。
結局クチートが炎の牙を切っており、なおかつサザンが拘ってしまうため、炎技を打ちやすく、またリザードンニンフィアに大きく打点を持てるポケモンを探したらエンテイに落ち着きました。
 
エンテイの最大の強みは珠聖なる炎で167-170盾ギルガルドが68.8%の乱数1発です。サザンドラ以外にもギルガルドの処理ルートを用意することでクチートをより動きやすくしました。
チョッキエンテイが多いせいか猫騙し集中などがよく飛んできたので守るが生きる場面が多かった印象も大きいです。
初手でボルトエンテイを投げることが非常に多く、珠聖なる炎でガンガン削って活躍してくれました。
ただヒードランを呼びまくるので地ならしがあればな〜って場面が多かったのも否めませんw
 
【Season6 Final stage version】
 
f:id:hinakohinako:20140911103312j:plainf:id:hinakohinako:20141113030519j:plain
f:id:hinakohinako:20140911103334j:plainf:id:hinakohinako:20140911103348j:plain
f:id:hinakohinako:20140911103357j:plainf:id:hinakohinako:20140911103407j:plain
クチートエンテイボルトロスサザンドラに関しては変更なしです。
ランドロスニンフィアについてのみ記述します。

f:id:hinakohinako:20141022133613j:plainランドロス@突撃チョッキ

威嚇
陽気 191-170-111-x-101-157
地震/岩雪崩/馬鹿力/はたき落とす
 
H:16n-1
最速残りABD
 
地震打ちにくすぎたので打ち分けられるチョッキにしました。
チョッキはたき落とすでロトムクレセリアあたりに突っ張れるのは高評価でした。
あとリザードンヒードランにも強くなれるのも良かったです。
 
はたき落とした後に相手のランドの上を取れるように最速。
しかし現実は相手のスカランドでやたら怯みました。自覚のないダメな子でした。
火力もミリで足りない場面多かったので意地っ張りで良かったかもしれないですね。
 
スカーフじゃなくなったことでテラキオンがやや厳しくなりましたが、電磁波さえ当てたらクチートで始末できるので割とどうにでもなりました。
 

f:id:hinakohinako:20141113032507j:plainニンフィア@精霊プレート

フェアリースキン
ハイパーボイス/めざめるパワー地面/電光石火/守る
 
HB:鉢巻意地っ張りファイアローのブレバ15/16耐え
C:11n
S:準速ローブシン抜き
 
スイクンを雨パに選出したところでバークアウトで時間稼ぎ程度にしかならず、結局トノグドラルンパいずれにも打点がなく横のボルトやサザンが過労死や凍結することがあまりに多かったため、最後の最後で対雨の強力な駒として採用しました。
 
あとは電磁波でのS操作なため、避雷針持ちに安易に交代される場面でハイボ打ち込んで負荷かける要員としても非常に機能してくれました。スイクンは避雷針持ちにも餌にされるのが辛かった・・・
 
珠毒突きローブシン抜きまで抜いておくことでローブシンは勿論、ニンフィアミラーやオボンニョロトノに対して上を取れるのはかなり大切でした。
電光石火は襷ガブキザンテラキ等のミリ耐えした相手を処理するのに非常に役に立ちました。
 
この子を採用して以来対雨の勝率は100%を記録するほど強かったです。
しかし反面スイクンが担っていた対ヒードラン面が悪化してクチートを動かしにくくなったのも事実でした。
現にトリル噴火ドランにはクレセバレルでトリル貼った後にバレル→ヒードラン交代読みでランドの地震当てるくらいしか勝ち目がなかったので相当キツイです()
 

【基本選出】

①先発f:id:hinakohinako:20141022133706j:plainf:id:hinakohinako:20141022133247j:plain
f:id:hinakohinako:20141022133412j:plain@1
 
主にガルニンフorガルボルト入りのスタンに出します。つまり基本選出ですね。体感50%くらいこの初手だったと思います。
ボルトはガルーラに電磁波を、エンテイニンフィアボルトロスに聖なる炎を叩き込むことで裏のクチートを動きやすくさせます。
 
エンテイはドランをやたら呼ぶので横にランドサザンを置いて上手く使いましょう。
あとボルトエンテイは雪崩ぶっささりなのでどちらかを下げてクチートを投げるタイミングも重要です。

 

②先発f:id:hinakohinako:20141022133706j:plain f:id:hinakohinako:20141022133613j:plain
f:id:hinakohinako:20141022133412j:plain@1
アローやトゲキッスで追い風したそうなパーティやバシャーモ入りとかに出します。
追い風貼られてもボルトさえ生き残ってたら電磁波バラ撒いて立て直しが効くのも強みですね。
 
③先発f:id:hinakohinako:20141022133706j:plainf:id:hinakohinako:20141113032507j:plain
f:id:hinakohinako:20141022133442j:plainf:id:hinakohinako:20141022133412j:plain

 

対雨パの選出です。
ニンフもスイクンもトノグドラに手助け珠雨ハイドロor手助け珠流星群で無理矢理処理されることがあるのでボルト初手電磁波から入って上を取れるようにしてから動かすのが安全だと思います。
 
【以下余談】
 
ガルーラだらけの環境でクチートがどれだけ戦えるかを3ヶ月間試してみました。
力量不足で結局2000到達できなかったのはとても心残りですが、(自分の中では)オリジナリティーある構築なので使っててとても楽しかったです。
 
この構築を使って10/12に行われた”うなぎパイ”というツイッター上の大会でシングルダブルマルチの3本勝負チーム戦で私はダブルを担当し、初戦シードで個人成績3-1チーム成績3-1の総合3位を出せました!(1敗はやはりトリトドンでした;;)
その景品が冒頭の可愛らしいクチートです、主催者のうなぎにょすさんありがとうございました!
 
大変長くなりましたがここまで見ていただきありがとうございました。
ORASは諸事情ですぐには始められないですが、また再開したらよろしくお願いします。
何か誤字脱字や質問とかあればツイッター@hinakohiyoまでどうぞ。